Shadowsocksとは、インターネット規制を回避してサイトを閲覧するのためにである、二ヶ月前に新しいバージョンのShadowsocks-libev 3.0(今は3.04です)をリリースしたですが、古いバージョンのShadowsocks-libevを更新のことはちっとも複雑です。昨日はいろいろのことをしらべて、そして更新成功しました。

準備する

Ubuntu Server 16.04 64 bitは必要です、そしてGithubから新しいバーシュンのShadowsocks-libevをゲットする

git clone https://github.com/shadowsocks/shadowsocks-libev.git
cd shadowsocks-libev
git submodule update --init --recursive

debのパッケージを作成する

Shadowsocks-libev 3.04にはインストールスクリプトがあります、かなり便利ですね。

mkdir -p ~/build-area/
cp ./scripts/build_deb.sh ~/build-area/
cd ~/build-area
./build_deb.sh

すべて順調なら、lsして、debのファイルを見つけられる。

选区_933.png

エラーを発生なら,あれこれのことがあるかもしれません、僕はVmwareやVirtualboxを使って、同じのUbuntu Server 16.04を建て、その中でインストールスクリプトやってみて、ならば必ず順調に進むっと思う。

选区_931.png

パッケージをインストールスする

すべてのdebのファイルをインストールスする。

sudo dpkg -i *.deb
sudo apt install -f

自分でdebのパッケージを作成するがおすすめですが、他の方法がもあります。(Ubuntu Server 16.04 64 bit専属)

wget http://plumz.me/storage/ss.tar.gz
tar xvfz ss.tar.gz
sudo dpkg -i *.deb
sudo apt install -f

使い方

まずは、コンフィグレーションファイルを管理する。

sudo vim /etc/shadowsocks/config.json

内容はこのようにしています。

{
        "server":"0.0.0.0",
        "server_port":1234,
        "password":"fubukihoshino",
        "timeout":600,
        "method":"rc4-md5",
        "fast_open":true,
        "plugin":"obfs-server",
        "plugin_opts":"obfs=http",
}

"plugin":"obfs-server"と"plugin_opts":"obfs=http"は新機能である、詳しいはこちらです

"method"のついて、僕はaes-256-gcm(新機能)がおすすめですが、Shadowsocks-Windowsの支援はまたできません、これは注意する。

次は、サーバーでDNSの機能を設定する。

sudo vim /etc/default/shadowsocks-libev

画像のように、“-d 8.8.8.8"を入力する、One time Auth機能は廃棄した、"-A"はもういらないだ。

选区_934.png

そしてShadowsocks-libevの状況を確認する。

sudo service shadowsocks-libev restart
sudo service shadowsocks-libev status

选区_935.png

active (running) 、かんぺきですよね。

“[simple-obfs] ERROR: bind: Permission denied”エラーを発生なら、この命令をやってみて。

sudo setcap cap_net_bind_service+ep /usr/bin/obfs-server

UbuntuのClient側での対応概要

コンフィグレーションファイルはちょっと違う。

{
        "server":"0.0.0.0",
        "server_port":1234,
        "password":"fubukihoshino",
        "timeout":600,
        "method":"rc4-md5",
        "fast_open":true,
        "plugin":"obfs-local",
        "plugin_opts":"obfs=http;obfs-host=www.bing.com"
}

"plugin"の部分は"obfs-local"になります、そして"plugin_opts"には、obfs-hostを入力は必要です。

选区_936.png

そして、systemdのスクリプトには、ここでss-localに变更する。

sudo systemctl daemon-reload
sudo service shadowsocks-libev restart

おしまい。